そういうときは暗い顔してればいいのか笑っていればいいのかどっちなんでしょうね

人は何か挫折したり、ミスしたり、失敗したり、まずいことをしてしまったりしたあとに、いつまでも暗い顔をしていると周囲から「いつまでもそんな顔してるなよ」と言われます。また人生で家庭が崩壊寸前だとか、色々大変だと暗い顔をしているともっと落ちてしまうからあえて、明るくしているなどと言って、周囲には暗い顔を全く見せないで、いつも楽しそうで悩みもなさそうだと思われている人もいます。先日のテレビでお笑いの方が10年ぶりに復帰する番組を見ましたが、彼は明るい顔をしていました。しかし、周囲の人達は不謹慎だと彼を怒りました。確かにそうかもしれませんが、別ににやにやしていたわけではないし、もう10年経っています。半年やそこらではないのです。もし、これで彼が暗い顔していたら、周囲の人達はいつまでもそんな顔してるなよと言っていたでしょう。結局、どっちもどっちなんですよね。私はあの笑顔は不謹慎だとはこれっぽっちも思いませんでしたが。あれはちょっとやりすぎだし、最後の方はバカらしくてチャンネル替えました。ミュゼ 100円